健康的に美しい爪になるために「Nail care LABO」

お肌は毎日ケアするけど足爪までは気が回らない…。
そんな忙しいあなたに、専門家に直撃インタビュー!
耳寄りネイルケア情報をお届けします!

Medical report すこやかな爪をどんなときも ~抗がん剤の影響から爪を守るセルフケア~

病気と闘うために

そして、「このようなセルフケアを、治療に入る前から行えたらベストです」と、高山先生は強調します。「影響を受けるのは、もともと乾燥したり弱っていたり、トラブルを抱えているところなんです」。
「ひどくなると爪が剥がれ、爪の下や周囲に強い炎症をおこしますが、そうなってしまったら医療でできることは限られます。だから、ならないように事前にセルフケアしておくのが一番です」。

皮膚科医 高山かおる先生

高山先生は、患者さん自身のセルフケアをすすめると同時に、医療の場への想いをこう語りました。「一部の抗がん剤の影響から爪を守る、その予防には保湿が重要ですが、そのことが爪に関してはまだあまり言われていません。保湿の方法を知ってから、爪白癬を治してから、抗がん剤治療に入ろう、というようなこともあったほうが良いと私は思っています」。
乳がんの患者さんが、副作用で心が萎えることなくがんと闘うために。