健康的に美しい爪になるために「Nail care LABO」

お肌は毎日ケアするけど足爪までは気が回らない…。
そんな忙しいあなたに、専門家に直撃インタビュー!
耳寄りネイルケア情報をお届けします!

教えて、先生!正しい爪ケア講座

高山かおる先生

済生会川口総合病院皮膚科主任部長
東京医科歯大学附属病院臨床准教授
一般社団法人足育研究会 代表

Report.2

2018年5月7日

肌だけじゃない、
爪にもお手入れが必要

ふだん見えない足の爪、つい無関心になりがち。でも、知らぬ間に足爪トラブル発生!とならないためには、肌と同じように日々のお手入れが大切です。簡単にできて健やかな足爪を保つネイルケアを、前回に引き続き、高山かおる先生に伺いました。

足爪を健やかに保つお手入れ法を教えてください。

高山先生:足の爪を健康に保とう、良くしようと思ったら、本当は、爪のケアや、足に合った靴を選んだり歩き方や姿勢から変えるなどの「トータルフットケア」 が必要です。でも、歩き方や姿勢を変えるのは簡単じゃないですよね。一番すぐに取り組めるのは、爪の適切なセルフケアです。何をするかというと、「爪を洗って、整えて、保湿する」。これだけです。簡単でしょ?
爪は皮膚の延長だから、肌と同じようにお手入れが必要なんです。それなのに、顔など露出している部分は一所懸命ケアするけど、足は見えないからケアしない人が多いですよね。つい無頓着、無関心になってしまいがち。誰でもできる簡単なネイルケアから始めましょう。

インタビュー風景

まず「洗う」ですね。どんな洗い方が効果的ですか?

高山先生:ブラシなどでよく洗って、爪のまわりに溜まった角質を落とします。爪のケアの基本は、医療の場面でもそうですが、爪のまわりの角質を除去して爪と皮膚をきちっと分けてから爪を処置することなんです。爪と皮膚の間に角質が溜まると、どこからが爪でどこまでが皮膚なのかわからなくなってしまいますから。また、角質のなかには雑菌が繁殖しやすく、例えば白癬も角質を餌とするので、角質を除去すれば白癬も蓄積しにくくなります。臭いの元も取れます。洗うことは万能なんです。ただし、爪白癬の場合は、薬による治療をしながらこのセルフケアを行ってください。