健康的に美しい爪になるために「Nail care LABO」

お肌は毎日ケアするけど足爪までは気が回らない…。
そんな忙しいあなたに、専門家に直撃インタビュー!
耳寄りネイルケア情報をお届けします!

教えて、先生!正しい爪ケア講座

高山かおる先生

済生会川口総合病院皮膚科主任部長
東京医科歯大学附属病院臨床准教授
一般社団法人足育研究会 代表

Report.1

2018年4月27日

放っておけない!
足爪トラブルPage.2

あなたの足の爪、固く厚くなったり、巻いたり、皮膚に食い込んだりしていませんか?放っておくと膝や腰にまで影響が及ぶこともあるとか。足爪のトラブルと原因、そのままにして置くとどうなるかなど、爪のスペシャリスト、皮膚科医の高山かおる先生に伺いました。

足爪トラブルを放っておくとどうなりますか?

高山先生:一概には言えませんが、まず痛くて困ることが多いですね。また、巻き爪でも肥厚爪(ひこうそう)でも、ひどくなると爪自体が剥離したりしますし、剥がれると爪のベッドである「爪床(そうしょう)」から水分が補給されなくなりますから、乾燥したり変形が進んだりもします。
さらに悪影響としては、爪だけでなく膝や腰を痛める原因になったりもするんです。歩き方や姿勢が悪い、靴が合わない、それで巻き爪になる。今度は巻き爪になったことでさらに歩き方や姿勢が悪くなって、膝や腰、股関節などに影響を及ぼすことがある。これはもう悪循環ですよね。だから、放置はしないほうがいいです。

インタビュー風景

肌と同じように足爪も乾燥は大敵ですか?

高山先生:やはり爪も皮膚の一部なので、あまり手入れしないと乾燥してしまいます。乾燥すると爪は固くなり、柔軟性が失われて傷みやすくなります。そのため、皮膚に保湿が必要なように爪も保湿して水分を保つことが大切です。水分の多くは、爪のベッドである「爪床(そうしょう)」を通じてもらえるのですが、爪が厚くなったり変形したりして水分提供源である爪床と離れてしまうと、水分補給ができなくなります。だから、上から、つまり爪の表面から補った方がいいんです。また、靴などによる過剰な摩擦によっても爪は乾燥するので、日常的に保湿することが大事です。